福岡・春日市の緒方行政書士

ご家族が突然亡くなってしまったとき、残された身内の遺産相続はどのようにすればいいのでしょうか。

また、もしも自分の身に何か起きたとき、残される家族のために遺言をあなたの希望通りの遺言書を残すには、どのようにすればいいのでしょうか。

遺産相続について遺言書作成の流れ相続関連業務の料金

遺産相続について

福岡・春日市の緒方行政書士遺産相続にも様々な事例があります。

例えば祖父が、脳梗塞で突然亡くなってしまいました。祖父は小さいながら、町工場の創業者でもあり、残された身内は祖母、兄弟が3人(長男、次男、妹)がいたとします。遺産相続は、どのようにすればいいのでしょうか。

当事務所によくある代表的な事例をもとに、遺産相続についてお伝えします。

事例 ①

祖父が亡くなり、相続関係の親族が配偶者(祖母)と兄弟が3人、この場合の法定相続人は、配偶者(祖母)と兄弟が3人となり、それぞれの法定相続分は、配偶者(母親)が1/2、兄弟3人がそれぞれ1/6ずつとなります。

法定相続分とは

法定相続分とは、法律の定めによる相続分のことを言います。

被相続人(亡くなられた方)の財産を相続する人を相続人といい、民法では、その範囲(法定相続人)や相続できる順位、財産の取得割合が決められています。

相続人となっている子や兄弟姉妹がすでに死亡しているときは、その子等が相続します(代襲相続)。

事例 ②

被相続人(亡くなられた方)である祖父が、自分の財産の相続が開始されたとき(死亡の時)の配分方法などを、生前に指定しておくことができます。これが「遺言書」です。

遺言書には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。

事例 ③

事例①と事例②とは別に、相続人全員で協議し契約することにより、法定相続分や遺言とは違う配分にすることもできます。

これを契約文書にしたものが「遺産分割協議書」です。

知って得する豆知識

遺言執行者について

福岡・春日市の緒方行政書士遺言執行者とは、相続開始後、遺産の管理・各種手続きを行い(例えばQ&AのA①の「遺言による廃除」、A②の「財団の設立」は遺言執行者がその手続きを行います)、遺言内容を実現する人です。

家庭裁判所によって選任される場合もありますが、遺言書で特定の方を指定しておくこともできます。

※行政書士は遺言執行者にもなれます。不安があればぜひご相談ください。

ペット信託について

ペットのことが心配な方へ、死後にペットのお世話をお願いする「ペット信託」という手法があります。

詳しくは、緒方行政書士事務所へご相談ください。

遺言書作成の流れ

福岡・春日市の緒方行政書士もしも自分の身に事故や病気など、万が一のことが起こった時、残される家族のために遺言を残しておきたいと思ったとします。

では家族が遺産でもめないためにも、あなたの希望通りに遺言を残すには、どのようにすればいいでしょうか。

当事務所にご依頼いただいた場合の、遺言書作成の流れです。

① 初回無料面談

お電話かメールでお問い合わせいただき、お客様のご都合に合わせて、面談日を決定いたします。具体的な遺言の内容の確認と詳細のヒアリングを行います。

② ご依頼

財産に関する書面(通帳、証書など)をご用意いただけると話がスムーズです。お客様に必要なお手続きを判断し、ご説明いたします。 また、面談時に料金のご説明もいたします。

ご不明な点、ご不安な点は、ご遠慮なさらずにどんどん質問してください。

③ 手続きの実行

ご依頼いただいた後に、実際の手続きへと入ります。戸籍の収集~名義変更、遺産分割協議書作成まで、ご依頼いただいた部分は全てこちらで行いますので、ご安心ください。

相続関連業務の料金
遺言書の起案及び作成指導50,000円
遺産分割協議書作成70,000円
相続人及び相続財産調査70,000円

※申請に必要な手数料および証明発行手数料は上記報酬に含まれず、実費前払いでお願いしております。

※基本的な報酬を記載しておりますが、事案の複雑さなど内容に応じて報酬を一部加算させていただくことがあります。 

※上記報酬額は税別です。

遺言書の種類について

遺言書には普通方式として「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。各遺言書のメリット・デメリットをお伝えします。

  • 自筆証書遺言

自筆証書遺言は費用もかからず、いつでも書けるなど手軽に作成できるため、数多く利用されています。しかし、民法で定められたとおりに作成をしないと、遺言として認められません。

自筆証書遺言は必ず本人が、全文自筆で書きます。これは、遺言書の偽造を防ぐためです。ほんの一部でも、他人の代筆やパソコンの部分があれば無効となります。

メリットデメリット
作成に費用がかからない。
家庭裁判所の「検認」が必要。紛失や偽造の危険がある。内容に不備があれば無効になる。
  • 公正証書遺言

遺言者の口述に基づき、公証人が作成する遺言書です。

公証人が筆記した遺言書を2人以上証人に読み聞かせ、または閲覧させ、その筆記が正確なことを承認した後、遺言者・証人が自署・押印し、さらにどのように遺言書が作られたのかを公証人が付記します。

遺言の原本は公証役場に保管され、また家庭裁判所の検認が不要です。

遺言書を作る場合、争いを防止するためには「公正証書遺言」が良いと思います。

メリットデメリット
遺言書の有効性が確実。公証役場で保管するので安全。
作成には手数料がかかる。
  • 秘密証書遺言

秘密証書遺言は、まず遺言する人が自分で作成した遺言書を公証人のところまで持っていきます。そして遺言書の「内容」を秘密にしたまま、遺言書の「存在」のみを公証人に証明してもらいます。

公証人に「存在」を証明してもらえるので、自筆証書遺言のように、遺書が本物かどうかといった遺族の間で争いは起きません。

メリットデメリット
第三者の代筆やパソコンでも可。遺言書の存在を明確にしつつ、内容は秘密にできる。
家庭裁判所の「検認」が必要。紛失の危険がある。内容に不備があれば無効になる。

こんなとき、どうする?(遺産相続Q&A)

QuestionAnswer
おばあちゃんが2年前から認知症になっています。その場合(法律行為を判断する能力がない場合)の相続はどうなりますか?
その場合、遺産分割協議をすることができませんので、相続ができません。親族の皆さんはもちろん困ります。そんなときは、おばあちゃんに成年後見人を選任する、成年後見制度を利用していただく方法があります。後見人がおばあちゃんの意思や権利を尊重し、おばあちゃんに代わって遺産分割協議に加わり、相続分を主張します。

※成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、広義にはその意思能力にある継続的な衰えが認められる場合に、その衰えを補い、その者を法律的に支援する(成年後見)ための制度をいう。

こんなとき、どうする?(遺言書作成Q&A)

Question ①Answer ①
非行を繰り返す長男Aには遺産を与えたくありませんが、可能ですか?
仮に「長男Aには一切相続させない」と遺言書に書いたとしても、Aさんが「遺留分」を主張すれば遺言通りにはなりません。ただし、Aさんの非行が著しい場合には「廃除」をして、遺留分を含む相続権を剥奪できる可能性もあります。廃除は生前に行うか、遺言書で定める必要があります。

※遺留分(いりゅうぶん)とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいう。 被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産の一定割合を取得しうるという権利(遺留分権)が認められる(1028条)。

Question ②Answer ②
お世話になったヘルパーBさんや、愛犬に遺産を分けられますか?
対象が「人」(慈善団体などの法人も含む)であれば「遺贈」をすることができます。そのため「Bに遺贈する」は有効ですが、「愛犬に遺贈する」は無効です。ただし、「負担付遺贈」、「財団の設立」、「遺言信託」など間接的な形で愛犬のために遺産を使うようにさせる手法もあります。
Question ③Answer ③
遺言書の中身が素っ気なく、家族たちが遺産配分に不満を持たないか不安です。
遺言書には法的拘束力のない「付言事項」として、家族への感謝の気持ちなどを書くこともできます。さらに、配分分割の理由についても丁寧に説明することで、相続人の方にご納得いただけることが期待できます。

遺言書作成について分からないことは、何でもお気軽に緒方行政書士事務所へお尋ねください。

お気軽にお問い合わせください。090-1340-2819受付時間9:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら 当事務所の初回相談は無料です。