本日は、一般建設業(屋根工事業、板金工事業)の許可申請で佐賀県土木事務所へ!!

 依頼人は、個人事業を営んでいた建設業者の息子さん。

今回 株式会社を設立し、息子さんが代表取締役になり、実質事業承継をしていくという案件でした。

他の許認可もそうですが、法人成りの際に代表者を変更すると許認可手続きのスムーズにいかないケースがあるので、注意が必要です!!

 今回のケースでは個人事業を営んでいた父親も取締役に入れたため、経営業務管理責任者の要件を満たして比較的スムーズに運びました。

  (添付書類:経営業務管理責任者の証明書は、自己証明ではなく、同業者証明で対応しましたが・・・。)

 法人成りをする際は、十分注意してください。